仏教チャプレンによる活動として、次の3つの活動を行っています。


大阪府下を中心として、寺院での面談、在宅・病院・施設へ
訪問面談で、病や老い、そして死についての
お気持に耳を傾け、心の整理、自己決定を
サポートするスピリチュアルケアの実践をしています。
※面談による対応のみで、電話相談は受け付けておりません。
※治療や病院紹介は行っていません。
  お話を伺う傾聴が主体です。
※まずはメールかFAXでお問い合わせください。
  E-mail:info@acls.gr.jp  FAX:(06)6674-1860


死別の悲しみを分かち合う会「ともしび」を開催しています。
大切な人を亡くした悲しみ、悲嘆(グリーフ)に
寄り添う活動をしています。
詳細は下記のリンクをご覧ください。





病院、高齢者施設等で仏教チャプレン(ビハーラ僧)として
活動する仏教者間の相互ケアの場を持ち、
ケアする者のケアに取り組んでいきます。



医療・福祉現場での活動、ビハーラ活動、自殺防止活動・自死遺族ケア、
ホームレス支援、青少年育成、災害対応など、
現代社会の今日的課題に向き合う活動を実践している仏教者が中心と
なっている団体・個人とのネットワーキングを通して、活動者の相互ケアと
社会への臨床仏教者の活動の発信を目指しています。
臨床仏教者を応援してくださる一般の方への情報提供と、
支援の輪の広がりによって、仏教界が盛り上がっていくことに期待しています。
また、臨床仏教者のみなさまのご協力とご参加をお待ちしております。

 
 






 
ACLSとは ACLSの活動 入会案内 お問い合わせ
Copyright (C)2012 INOCHI RINSHO BUKYOUSYANOKAI. All Rights Reserved.